初めてhanaオーガニックを使う人へ!!解析からわかる凄さとは!?

皆さん最近雑誌やネットでよく見かける「hanaオーガニック」を知っていますか?既に使用していて、いろんな効果を感じている人やなかなか効果を感じるまで時間がかかっている人もいるでしょう。そして、まだ知ったばかりで使ったことのない人や知らない人も中にはいると思います。

今回は初めて知った人や使ってみようかなと考えている人へ、「hanaオーガニック」とはどんな会社なのか、どんなことをコンセプトにしているのか、どれだけ肌に良いのかなど、細かく解析していきたいと思います。また、おすすめも載せておくので合わせてチェックしてみてください!

hanaオーガニックとは

引用先:HANA ORGANIC公式HP

まずはhanaオーガニック全体のことです。公式HPにたくさん書いてありますが大事なところを抜粋してご紹介していきたいと思います。

hanaオーガニックのコンセプト

HANA ORGANICとは、HANAは女性、ORGANICは自然、あるがままの姿のことを指します。hanaオーガニックは、女性があるがままの姿で自然体でいられるようにするために作られたのです。

あるがままの姿なので、肌に悩みのない健康な肌になるために使う化粧品と言うことなんですね。しかし、私たちの身体には自然治癒力があります。この自然治癒力だけでは、肌の悩みを解決することはできないのでしょうか。

実はだんだんと自然治癒力「肌の再生力と免疫力」が低下していきます。するとなにが起こるのでしょうか。

年齢以上の老化現象につながるのです。

hanaオーガニックは大切な「再生力と免疫力」を弱めてしまう原因を考えました。すると、3つの原因が見つかりました。

  • 自律神経の乱れ
  • 酸化によるダメージ
  • 常在菌のバランスの乱れ

この3つの原因で肌を弱めないように花精油やオーガニックハーブなど、高機能な植物抽出成分を組み合わせた浄化と還元の2ステップでアプローチをして、心身両面に働きかけていくようです。

「本当のわたしは、きっともっと美しい。本来の美しさへ。」

このコンセプトを掲げているからこそ、hanaオーガニックで美肌を目指すことができるのですね。

「私史上、最高の肌」になる?

「私史上、最高の肌」とは、年齢なりの豊かさや女性らしさを称えつつ、本来持っている美しくなる力を最大限に高めた肌だとhanaオーガニックは考えます。

40代が若かりし20代の頃を目指すのではなく、その年齢なりの肌を目指すことをhanaオーガニックは目指しているのですね。自分本来の姿でいていい。そんな背伸びをしなくていいから、無理しない範囲でhanaオーガニックを使っていけそうですね。

世界各地から選び抜いた原材料

最も特徴的なのは、

  1. 最高峰の品質を誇るブルガリア産のダマスクローズ
  2. 美しくなる力を高める花精油
  3. 肌の免疫力を高めるフランス産のバイオエコリア

となります。

詳しい成分などはhanaオーガニック成分のココが凄い!その理由を徹底調査!に書いてありますので参考にしてみてください★

本当のオーガニックコスメ

化粧品は大きく分けると2つに分類できます。石油由来成分を排除した「オーガニックコスメ」石油由来原料を中心とした化学合成成分を用いた「化学化粧品」です。hanaオーガニックは「オーガニックコスメ」に分類されます。

また、よく聞く無添加化粧品実は「化学化粧品」に分類されるって知っていましたか?無添加といっても約7,000種類近くあると言われている化学成分のうち、お肌に刺激が強いとされる102の旧表示指定成分を含んでいないことを指すので、実際は石油由来成分が含まれているのです。

無添加だから添加物なしで安心安全のように聞こえますが、実は違うことがわかりますね。

では、オーガニックコスメの基準はなんでしょうか。日本では1%でもオーガニック原材料を使っていれば、「オーガニックコスメです」と言えます。特に日本では規制はないのです。

しかし、世界に目を向けると国際的なさまざまな認証団体があります。そこには共通している基準があります。

  1. 石油由来成分の排除
  2. 動物由来成分の排除
  3. 植物由来のうち50~90%以上がオーガニック原材料

という、3点になります。

日本でオーガニックコスメを選ぶ場合には国際的な認証基準を満たしているものか、もしくは上記の3点を自社基準として掲げているところを選ぶとよいでしょう。

しかし、覚えるのめんどくさいですよね。ただ、石油由来成分、動物由来成分が排除されたものなんて素人の私には全然わかりません。なので、これだけは覚えておきましょう!

覚えておきたいこと!
フェノキシエタノールやパラベンなどが入っているものは肌によくない!!

これだけでも覚えておけば、自分の肌にいいものを使えるようになりますよ★

独自基準「10の約束」

hanaオーガニック独自の「10の約束」という基準を掲げています

10の約束
  1. 95%以上天然由来成分、またスキンケアの植物原材料の85%以上はオーガニックのものを使用します。
  2. 植物原料の産地、オーガニック認証などを明確に表記します。
  3. 遺伝子組み換え操作を行った植物は使用しません。
  4. 石油系合成界面活性剤は使用しません。
  5. カルボマーなのど合成ポリマーは使用しません。
  6. 石油由来の成分は使用しません。
  7. パラベン、フェノキシエタノールなどの合成防腐剤を使用せず、植物が持つ天然の防腐効果を利用します。
  8. 植物エキスの抽出に石油系溶剤BG、PGなどを使用せず、発酵エタノール、植物性グリセリン、スクワラン、水などを使用します。
  9. 石油系合成着色料であるタール色素の原料は使用しません。
  10. 安全性が確定していないナノテクノロジーを利用した無機物の微粒子の原料は使用しません。

以上の厳しい審査を通ったものを使ったhanaオーガニックのコスメです。お肌に優しいといわれているのにも納得できますね★

初めての方におすすめ商品・4選

引用先:HANA ORGANIC公式HP

ここでは、初めての方にhanaオーガニックがおすすめしている4品を紹介します。

おすすめ4選
  • ウェアルーUV(石鹸で落とせる色付きの日焼け止め)
  • ピュアリクレイ(ふっくら泡立てて顔を撫でるだけで汚れを落とせる練り石鹸)
  • フローラルドロップ(ブルガリア産のオーガニックローズがたっぷり入った化粧水)
  • ムーンナイトミルク(限りなく皮脂のバランスに近い乳液)

どれも自社基準をしっかり満たしており、口コミでもいい反応をもらっている商品です。詳しくはhanaオーガニックの評価は?美容口コミサイト!アットコスメを調査を参考にしてみてください★

「二の腕の内側の肌」は「私史上、最高の肌」?

皆さん、自分の二の腕の内側の肌を見てください。どうです?とてもきれいじゃないですか?きめ細かでみずみずしい。そしてなにより、シミシワがない!!そんな状態ではありませんか?しかし、二の腕の内側ってなにかスキンケアしていますか?

なんで……二の腕の内側は顔の肌より若々しいのでしょうか。

理由は現代女性のホルモンバランスの乱れ、紫外線の影響が挙げられます。また、戦後のファンデーション文化から続く間違ったスキンケアの影響も大きいと言われています。

hanaオーガニックでは天然100%のシンプルなスキンケアで肌のもともと持っている美しくなる力を高めます。そして私史上最高の肌である二の腕の内側の肌に近づけていくよう目指しています

そのため、hanaオーガニックではファンデーションは使いません。使わない代わりに、肌に優しい日焼け止めで肌を守ります。そして、練り石鹸で優しく落としていきます。そして、濃縮オーガニックローズたっぷりの化粧水と乳液で美しくなる力を高めていくのです!

初めての方が感じる「使用感」について

では、前項で紹介した4品で肌は守られたり、美しくなる力を高めているなどの使用感は感じることはできるのでしょうか。

お肌の「潤い」って必要なの?

引用先:HANA ORGANIC公式HP

お肌は、身体の保護や体内からの老廃物を出したり、温度調節をしたりと、私たちが生きていく上で大切な役割を果たしています。私たちの身体の約70%が水分でできています。そして、お肌に必要とされている水分量は30%以上です。お肌の機能が正常に働くために必要なのが「潤い」なのです!

しかし、その「潤い」は加齢や外部環境などによって一番失われていくのです。

失われていくなら自分で足さないといけないですよね。その時に間違ったスキンケア、合わない化粧品を使っているとどんどん失っていく一方なのです。まずは、自分に合う化粧品を探すのも「潤い」を逃さなくなる1つの方法だと思います★

では、「潤い」の基準はなんでしょうか。答えは先ほどの「二の腕の内側の肌」です。これがあなたが本来持っている肌力の目安です。これを目指すように「潤い」を与えていきましょう。与えすぎには注意ですよ!

始めは物足りないと感じる人が大半いる

hanaオーガニックの化粧品は手触りの良さの演出よりも肌の健康を第一に考えて作られています。そのため、今までの使い心地との差により物足りなさや使用感がさっぱりしていると感じる人もいるようです。

ですが、表面はサラサラとしていても粉ふきをしていたり、皮膚がさかむけていたりしなければ、肌は必要な潤いを保持できています。なので、全く心配いりませんよ★

そして、お肌に油分や栄養を与えすぎると、肌が甘えて働かなくなるそうなんです。これは、肌に必要以上の油分などを与え続けていると、脳が肌の水分量と油分量の分泌が多すぎると勘違いをして分泌量を減らすように働いてしまうからなのです。

なので、与えすぎに注意しながら、季節や環境、体調の影響で足りなくなった皮脂膜を補うくらいのシンプルなスキンケアを心がけましょう!

最高の肌にはまず洗顔から

洗顔の最大の目的は、悪玉菌(悪い細菌)を増やさないことです。そのため、悪玉菌のエサとなる「古い角質」や「酸化した皮脂」などの汚れをキレイに落としましょう。悪玉菌を増殖させないためにも善玉菌の役割がとても大切になってきます。なんだか、腸内のようですね。

その為、善玉菌にまでダメージを与えるような強い洗顔料は逆効果にしかならないのです。

ここで、洗顔を選ぶ4つの基準を紹介します。

洗顔を選ぶ4つの基準
  • 洗浄剤のタイプや作り方をチェック
    洗浄力のマイルドな石鹸や石鹸ベースのものがおすすめ
  • 洗浄成分の中心となる油脂が良質な物かどうかをチェック
    オーガニック栽培の美容液成分がたっぷりと含まれているものを選びましょう
  • 毛穴を詰まらせる成分が入っていないかチェック
    シリコンやマイカなどの潤いや透明感を演出する成分が入っていないものを選びましょう
  • 肌に刺激がないかどうかチェック
    実際にしようしてみてヒリヒリ感がなく、スッキリとしっとりのバランスが良い物を選びましょう

上記に挙げたような基準を満たしている物を探すのは一苦労ですよね。まずは、自分が今使用している洗顔料を調べてみましょう

では、顔に良い洗顔料が選べたのならば、正しい洗顔方法で洗顔しましょう。これが、健康な肌作りに大きな影響を与えます。

正しい洗顔方法
  1. 顔を水または32度前後のぬるま湯で流します。
  2. 洗顔料を十分に泡立てます。
    (石油由来の合成界面活性剤の洗顔料は落とす力が強いので注意が必要です)
  3. 顔を泡に乗せて、皮膚に触らずに泡を動かします。
    (皮膚に触ってしまう場合は泡が足りません)
  4. 顔の凹凸部分は泡を手の腹で押すようにして洗います。
    (なるべく時間をかけずにパッと終わらせましょう)
  5. 水やぬるま湯で泡を流します。
    (洗い残しがないようにしましょう)

健康で美しい肌は「角質層がしっかりとあり、そこに肌を守る皮脂があり、潤い、キメが整った肌」です。正しい洗顔料、正しい洗顔方法で健康で美しい肌になりましょう★

まとめ

  • 女性があるがままの姿で自然体でいられるようにするためにあるhanaオーガニックコスメ
  • 年齢なりの豊かさや女性らしさを称えつつ、本来持っている美しくなる力を最大限に高めた肌へ
  • 私史上、最高の肌は「二の腕の内側の肌」!
  • 正しい洗顔料、正しい洗顔方法で健康な肌を目指そう!

いかがだったでしょうか。hanaオーガニックについてかなり詳しく知れたのではないかと思います。まずは、二の腕の内側の肌になれるようにhanaオーガニックを使用して一緒に頑張っていきましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です