hanaオーガニックに毒性ってあるの?お肌への影響を徹底調査!

すべての化粧品の成分が「全成分表示」になってから随分と経ちますが、いまだに意味がよくわからずに化粧品会社の広告や口コミを信じて買っているという方、多くないですか?

「全成分表示」は化粧品の会社としては同業者に対して企業秘密ができないため、成分量などで差をつけるしかないので辛いところでしょう。しかし反面「全成分表示しているんだから、肌荒れとか起こしても、それは選んだあなたにも責任があるでしょ?」という、責任の所在の部分では利点もあるのかもしれません

だとしたら、消費者は自分で知恵をつけて、自分の肌は自分で守るしかないですよね!最近話題のオーガニック、天然素材でよさそうですが、天然だからいいというものでもないのかも・・と思い調べてみましたよ!

hanaオーガニック 化粧品の毒性とは?

オーガニックというと食品であれば「化学肥料や農薬を使用しない野菜や、添加物を入れていない食品」のことですが、化粧品では「自然由来の成分を中心に配合し、化学的な成分を全く使用せず、またはごく少量のみ使用して作られ、人間の肌がもともと持っている自然治癒力を助ける役割をするスキンケア用品」のことを言います。

石油などを原料とする合成成分を使用せず、植物などから抽出した成分で作られた化粧品は、天然の植物だから安心と思われがちですが、天然の植物にも毒があることは、皆さんご存知のはずですよね!オーガニック化粧品=お肌に優しいのだから、毒性なんかあるはずがない!とは一概に言えないようです。

植物の多くは、多かれ少なかれ皆自分を守るための毒を持っており、その毒性が人間には「アレルギー反応」を起こすことも少なくありません。オーガニックの化粧品は合成成分を使わず天然成分で作られているからこそ、然の毒を排除しきれないという落とし穴もあるのです。

hanaオーガニックは100%オーガニック処方の化粧品です。ということは実際のところ「毒性はあるのか?ないのか?」というのであれば、「人によって、植物の持つ毒性が影響を与える可能性もある」というところでしょう。つまり、その人の体質や肌質によって違うということなんです。

実際どんな人が影響を受けるの?!

草むらを歩いただけで脚がかぶれてしまう人がいるように、hanaオーガニックの化粧品で肌がかぶれてしまう人がいることも、口コミから確認ができました。案外多いんですよね。

肌が健康な人なら、多少のアレルギー物質も角質層のバリア機能によって弾き返してしまいますが、重度の敏感肌や乾燥肌、アトピー性皮膚炎など、肌のバリア機能が壊れてしまっている人の場合、hanaオーガニックの化粧品を使用すると却って症状が悪化する場合もあります。

  • 赤くなって腫れる
  • ムズムズ、チリチリするような痒み
  • お肌がしみて痛い  等

こういう場合はすぐに化粧品の使用を中止し、皮膚科へ行かれることをおすすめいたします。処方される外用剤やアレルギーがあっても影響を受けないワセリンによって徐々に肌を治療していくことが必要です。

補足
ワセリンとは石油から取られた化学化合物を精製したもので、ほとんどの軟膏などの基材になるもの。比較的アレルギーが少ないとされているが、化学物質に対してアレルギーがある人には使えない。

オーガニックの化粧品で肌が鍛えられることも

hanaオーガニックでも「使ってすぐに肌荒れした」という口コミがある一方で「それでも使い続けていたら肌の調子がすごく良くなった」という声も多くあります。かなりのチャレンジャーですよね(笑)!私だったらかゆかったりしたらすぐに止めちゃうのである意味凄いなって思っちゃいます。

でもそれって一体どういうことなんでしょうか?今まで合成成分がメインの化粧品を使っていた方にとって、hanaオーガニックの花精油などの天然成分は、受け入れた経験のない物質です。つまり初めての物質を肌に塗ったことで、身体がビックリして防御反応を示したことが、肌荒れの原因のひとつと考えられます。

これはひとつに、自分の免疫の過剰反応で一種のアレルギーではあるのですが、天然成分というのは人間が地球に誕生するより前からずっーと一緒にあり、食べたり飲んだり付けたりと様々な用途で使ってきたのですから、本来は正常に代謝する機能が備わっているはずです。

そのため、ある程度の期間継続してhanaオーガニックを使っていると、身体がその物質に慣れて受け入れられるようになるため、肌荒れも収まり、逆に肌が鍛えられて多少のことでは肌荒れもしなくなるのです。

このように、オーガニックコスメ=肌に優しいとは言えないものの、合成成分になれた肌に天然成分の刺激を与えることで、本来の肌の強さを取り戻すという効果もあるのです。

都会に住むすぐ風邪ひいちゃうようなもやしっ子が、田舎暮らしを始めるとだんだんと逞しくなり、風邪ひとつひかなくなるのも、免疫があがって、身体がもともと持っている「自然治癒力」が高まるからなんですよね!

頑張って使ってみる?だったらまずはパッチテスト

かく言う私も一度使って何かしら症状がでるとすぐにやめちゃって、次から次へと化粧品変えてしまっていたのですが、ちょっと頑張って使ってみようかなって思えます。やっぱり合成成分よりは天然のもののほうがいい感じがしますもんね!

但し、本当に自分が何かしらの成分に反応してアレルギーを起こしているのに「大丈夫!いずれは落ち着いてきれいになれる♪」なんて思い込んで続けていたら、あとあとトンでもないことになってしまいますから、そこは見極めが肝心です!本当に使えるのかどうか、まずは使い始める前にパッチテストをしてみましょう!

パッチテストってどんなもの?

パッチテストとは、かぶれの原因物質を調べるための方法の1つです。いくつか種類があるのですが、皮膚科でよく行われているのは、「クローズドパッチテスト」といわれる方法です。

皮膚科で行うテスト
  • かぶれの原因として疑わしい物質を塗布した絆創膏を48時間、背中の平らな部分に貼る。

※48時間の間は、入浴不可(身体を拭くのはOK)

  • 絆創膏をはがしたあと、2日後、3日後、一週間後にわたって、その反応を調査。

アレルゲンがあればすぐに反応が出ると思いがちですが、アレルギーを起こす抗原抗体反応が体内で成立するためには数日を要する場合もあります。そのため、期間を置いて3回にわたって反応を調べていきます。ここまでしてなんともなかったら、最初は多少かゆくてもいずれは使えそうで、きれいな肌になる夢がもてます!

皮膚科に化粧品を持ち込んできっちりやる方があとあと良さそうですが、そこまでやるのは面倒と仰る方にはおうちで簡易的に調べる方法もあります。アレルゲンに的確に反応するのは皮膚のやわらかい腕(二の腕)の内側を使っておこないます。

おうちでするテスト
  • 清潔な手で化粧品(100円玉大)を3カ所に塗布する。種類が多ければ両腕で行う。

※入浴はOK。ただし化粧品を塗布している腕の内側は洗浄剤などで強くこすらないようにする

4日間ほど様子をみて問題なかったら、顔に使ってみましょう。使い始めて数日たってからでも、何らかの刺激を感じた場合は、やはり一度皮膚科に相談してみることをおすすめします!

なかなか国内産100%オーガニックの化粧品ってなくて、匂いとかも気に入ってたりするとどーしても使いたいんですよね!hanaオーガニックにはトライアルセットもあるので、それでパッチテストをしてから大丈夫なら思う存分に使えばいいと思います。

まとめ

  • 植物が持つ毒性は人によって受ける影響が違う。
  • 重度の敏感肌やアレルギー体質の人は影響を受ける可能性が高い。
  • 中には続けて使い続けると肌が改善する場合もある。
  • 心配なときはパッチテストをしよう!

お肌にトラブルを抱えていると、より自分にあるものを求めていろいろなものを試してしまいますが、ちゃんと知識をもってやらなきゃかえってよくないんだなと思いました。今回は腰を落ち着けて、トライアルのパッチテストからやってみまーす!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です