hanaオーガニックでアトピーになってしまう可能性はある??  

hanaオーガニックという化粧品をご存知でしょうか?恥ずかしながら、私は知りませんでした。

化粧品を購入するうえで気になるのは、自分の肌に合っているかどうかももちろん知っておきたいところですが、それを使用したことによりアトピーなどの肌トラブルが起きないかどうかが心配ですよね?せっかく購入した化粧品で肌トラブルが起きてしまうのは悲しすぎます。

そんな事態を回避するためにも、購入する前にその化粧品の情報を前もって知っておくことが出来たら良いと思いませんか?hanaオーガニックとはいったいどういった化粧品なのでしょうか?

hanaオーガニックでアトピーになるの?

hanaオーガニックを使用してアトピーになることはあるのでしょうか?結論からいうと残念ながら可能性はあるといわれています。

しかしながら、安全性が高いことは間違いなさそうですよ☆なぜなら天然成分は安全性が高くて、化学成分は危険性が高いといわれているからです。

一部ではアトピー肌の人はhanaオーガニックを使用したほうがいいという口コミまであるんですよ~♪

やはり天然成分で作られているということは大きいといえそうですね。アトピー肌に限らず、赤ちゃんなど肌が敏感な人にはhanaオーガニックがいいといえそうです。

アトピーの危険がありそうな成分は?

hanaオーガニックは石油などの合成成分を使わず、100%植物で作られた化粧品です。化学製品とかは一切使用していないので安心できそうな気がしますが、残念ながらそういうわけにもいきません。植物とはいえ、中には毒性を持つものまで存在するのです。

普通の人であれば、肌のバリア機能で多少のアレルギー成分を防ぐことは可能と考えられますが、アトピー肌の人は肌のバリア機能が正常ではありません。そのため、アトピー肌は特にhanaオーガニックの原材料の植物に影響を受けてしまう可能性があるんですね。

漆で肌がかぶれたり、体調によって何らかの症状が起こることもあるようです。

一概にどの成分が肌荒れの原因になるというのはなさそうですが、hanaオーガニックを使ってすぐに肌が荒れたという口コミは残念ながら存在します。

というのもhanaオーガニックに含まれる天然成分は今まで受け入れたことのない成分である可能性があり、肌が敏感に反応してしまい、肌が荒れるという結果を招いてしまうのです。

化学製品を使っていない化粧品=安全ではないということですね。

しかしながら、それらの肌荒れが起きる人はごく一部の人に限られるとみられ、乾燥肌が改善されるなど肌トラブルを改善してくれるというメリットも多く見られました。

アトピー肌を改善するためには?

アトピー肌の人の皮膚はバリア機能がないため、水が体外へ出ていってしまうんですね。つまり保湿力が弱いという特徴があります。さらに、アトピー肌の人の肌にはセラミドという保湿成分が通常の人よりも少ないといわれているのです。

補足
セラミド:肌の角質層で水分や油分を蓄える働きをし、肌や髪の潤いを与えます。保湿に欠かせない成分といえるのです。

以上のことを考えると、アトピー肌の人は肌に潤いを与えてあげることが極めて重要であるといえそうですね。

そもそもアトピー肌って?

これから冬にかけて起きる乾燥。アトピー肌の人にとって乾燥は大敵なんですよ~(汗)というのもアトピーの方の皮膚はバリア機能が弱まり、水分が外へ逃げていってしまうため乾燥しやすくなります。乾燥した皮膚は外部からの刺激を受けやすくなってしまうのです。

外部からの刺激を受けやすくなった皮膚はかゆみを伴います。そしてその皮膚を掻くことによって皮膚が悪化するという悪循環を起こしてしまうのです・・・(涙)

アトピーで痒くなるうえに、環境因子も加わるわけですから、乾燥肌の人はこれからの時期はかなりしんどいのかもしれませんね。

hanaオーガニックってどんな化粧品?

まず、hanaオーガニックとはどんな化粧品なのでしょうか?購入する前にはどんな化粧品なのかは最低限知っておきたいところですよね?

hanaオーガニックとは?

人間の体に備わっている自然治癒力(肌の再生力と免疫力)が低下すると年齢以上の老化現象が起きてしまうのです。それが、肌が衰える原因といわれています。

何故その老化現象が起きるのでしょうか?①自律神経の乱れ②酸化によるダメージ③常在菌のバランスの乱れであるとhanaオーガニックは考えました。

これらの原因に対して、花精油やオーガニックハーブ、高機能な植物抽出成分を組み合わせた浄化と還元でアプローチし心身両面に働きかけを行い、肌本来の美しさを取り戻します。

hanaオーガニックの成分は?

hanaオーガニックの原材料には何があるのでしょう。自分の肌に合っていないものとか、実はとんでもない物が使われていたら嫌ですよね。何故肌を綺麗にしてくれるのか、その原材料も気になるところです。

スキンケア化粧品は石油由来成分は一切使用していません。原料となる植物はオーガニック栽培されており、有機JAS、エコサート、USDA、BDIHといったオーガニック認証を受けたものを使用しています。つまり、完全に自然のもので作り上げた化粧品といえそうです♪

補足
オーガニックとは:化学肥料や農薬などを使用していない野菜や添加物を使用していない食料品などのこと

化学肥料や農薬を一切使用せず、自然のままの微生物が生存する土で育った植物にはポリフェノールなどのフィトケミカルが豊富に含まれており、肌の美しさを高める力が備わっています。

補足
フィトケミカルとは:野菜や果物に含まれる化学成分の総称であり、植物自体が紫外線や害虫などから自分を守るために作り出す色素、香り、苦み、あくなどの成分のこと

防腐剤には大根を発酵させたレウノストックダイコン根発酵液柳の樹皮に含まれるセイヨウシロヤナギ樹皮エキスなど美容効果のある成分を使用しています。

hanaオーガニックに配合される代表的な成分
  • ダマスクバラ花水(ローズウォーター)
  • バイオエコリア
  • オニサルビア油(クラリセージ)
  • イランイラン花油
  • ラベンダー油
  • ビターオレンジ油
  • ニオイテンジクアオイ油(ゼラニウム)
  • コメ胚芽油
  • ツバキ油

代表的な成分を挙げましたが、正直名前を聞いてもピンとこないものばかりですよね?(笑)私もツバキ油とラベンダー油くらいちょっと聞いたことがあるかなくらいです。

hanaオーガニックの化粧品にはこれだけの植物が使われています。抗酸化作用があるもの、保湿作用があるもの、リラックス効果を与えるものなど様々な効果を持つ植物が配合されているのです。乾燥肌の人にとって保湿効果があるのは魅力的ですよね?♪

このように、hanaオーガニックでは原材料を100%天然のものにこだわっていることがよくわかります。人工的に作られたものは一切使用していないようです。さらにはオーガニック認証というものまで取得しているので、安心して使える化粧品といえそうですよ☆

保湿力がある成分は?

アトピー肌の人は保湿が重要ということは、先ほどご説明しましたよね?ということで気になるのはhanaオーガニックの化粧品の保湿力はどんなものかというところ。特にこれからの乾燥の時期に向けて是非保湿力の高い化粧品は手に入れておきたいところです。

hanaオーガニックの原材料の中にはいくつか保湿効果をもたらしてくれるものが含まれているみたいです。実際、口コミを見ていると乾燥肌が改善されるとあります。しかしながら、極度の乾燥肌については改善が期待できないというような口コミもありました。

また、アトピー肌の人は肌を清潔に保つことも重要であり、「コメ胚芽油」は肌の汚れ落としの効果もあるみたいですよ。さらに、行促進の効果もあり、肌の清潔を保つだけでなくアトピーの炎症を抑える効果も期待できちゃうのです。

他にも、hanaオーガニックには様々な効果がある化粧品があります。詳しくはこちらを参照ください。「hanaオーガニックのスキンケアの種類と正しい使用方法!

まとめ

  • hanaオーガニックは100%天然のもので作られていた
  • アトピー肌など敏感肌の人でも安心して使えそうであるが、100%安心ともいえない
  • アトピー肌の人には保湿と肌の清潔の保持が大切
  • hanaオーガニックは多少の保湿力はありそうであるが、極度の乾燥の人には向いてなさそう

hanaオーガニックには無料で一週間程度試しに使うことが出来るという制度があります。特にアトピー肌の人は最初か購入するのはなく、試しに使ってみて大丈夫かどうかを試してみるのもいいのかもしれません。

100%安心できる化粧品とはいえませんが、hanaオーガニックの化粧品にはアトピー肌の人にとって有効といえる成分も含まれています。アトピーになるどころかアトピーを改善してくれる効果も期待できそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です